東北海道・屈斜路湖・屈斜路原野ユースゲストハウス公式Webサイト 屈斜路雲海ツアー
             

      ←トップページへ  ←前のページへ戻る

 

 |←Back

冬期間(11月〜3月)の期間も実施しております。

屈斜路雲海ツアー
屈斜路湖雲海
屈斜路湖雲海

日本一のカルデラ地形「屈斜路カルデラ」に横たわる屈斜路湖、湖を囲む外輪山からは、ほぼ通年を通して日の出の頃から壮大な雲海を 高い確率(約50%)でご覧いただくことが出来ます。

〜屈斜路雲海ツアー津別峠の場合〜

 日の出30分前の屈斜路原野ユースゲストハウス、辺りは夜の余韻を残しつつ朝に向おうとしている。決して晴れてはいない、霧で包まれているか厚い雲が頭の上を覆っている。車のヘッドライトが霧を写し出すなか津別峠へ向かう。国道から津別峠の峠道に入ると 、そこは鬱蒼とした森に覆われた九十九折りの山道。何度もカーブを重ねるうちに森を包んでいた霧が薄くなってゆく。やがて標高が高くなるにつてれ頭上に空が広がりはじめる、そうだ、霧(雲)を抜けたのだ。

 津別峠展望台標高947m に到着。駐車場から歩いて展望台に登ると目の前に圧倒的な神々しい風景が広がる、人の手では決して作ることので出来ない天空の壮大な光景に目と言葉を奪われる 。

 眼下に広がる青白い雲海 の遙か先、空と交わる辺りが朱色に染まる。やがて 眩しく濃く輝き、そして雲海に朱色の光がこぼれ眩しくはじける。陽の出の瞬間なのだ。

 陽が昇るにつれて形を変える雲海や空の雲、射し込む光の角度で刻一刻と風景が表情を変えてゆく、屈斜路カルデラの生み出すファンタジーにただただ息をのむばかりだ。

 展望台に朝の日射しが満ちる頃、オーナーの用意した淹れたてのコーヒー(紅茶)と手作りの焼き菓子で雲海の余韻を楽しむ。天空のオープンカフェに流れる時間はあなたの心を優しく包んでくれる事だろう。


●ツアー詳細
屈斜路原野YGHの オーナーの案内で展望ポイントへ行き、雲海鑑賞、ティータイムを楽しんだ後屈斜路原野YGHへ戻るツアーです。

実施期間◆6月1日〜3月31日(12月30日、1月2日はお休み)
       (天候により開催出来ない場合もございます。)

出発時刻◆日の出時刻の40分前

所要時間◆約2時間

参加資格◆屈斜路原野ユースゲストハウス宿泊者対象

参加定員◆6名

   参加料◆1000円

予約について
ご予約を希望される場合ご宿泊の予約終了後、お問い合せフォームにお名前、人数、参加希望日を明記の上お申し込み下さい。

フォーム

 |ひとつ前のページへ戻る

 



 

 

 

←トップページへ  ←前のページへ戻る

本サイトで使用している画像・テキストなどの無断複製,転載などを禁じます。Copyright(C)Kussharo-Genya Youth Guest House Allright reserved.